--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.17.Thu

先日の保護者会で、一人一人の保護者に
近況報告をする事になった。

高学年チームは、一人を除いて
昨年度とメンバーは一緒。

皆、それぞれのお子さんが
変化の兆しや成長を見せている中で

とあるお母さんからこんな悩みが打ち明けられた。
『最近どうもうちの子は、自分の障害について
気づき始めてきているんです。。。。』

と、そんな悩みだった。

子どもに障害の事について
どうやって説明したら良いのか
分からずにいるとの事。

『障害って何?』
『なぜ自分は、このクラスにいるの?』
『どうして、●●くんはこのクラスにいるの?』

等といった質問が絶えないらしい。

自分が他者と何となく違うという事に
気づき始めるのも、致し方ない事かも知れない。

が、うちも例外ではなく
何となくそんなような発言が最近あって
その時は、上手くお茶を濁しておけた・・・・。

担任は、否定はしないそうだ。
だけど、まだ上手く説明出来ないから。。。。
と話してたけど。

自分は、ダメなんだ。。。
劣っているんだ。

なんて、他の子と比較して
感じ、考えるようになったら
本当、せつない。

だからと言って、親を恨んだりするんだろうか?

それも分からないけど。

まだ上手い説明の仕方が分からないので
療育機関で相談してみようと思う。
私くらいの年代のお子さんを持っている
親の世代の方や先生などの知識を借りたいと思う。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://utopiaworld.blog71.fc2.com/tb.php/248-1f48ca55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。