--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.06.28.Wed

昨夜の出来事でした・・・

私も気付くのが遅かった
そう、夜シャワーを浴びなさいと促して、洋服を脱がせたときだった。

息子の背中には見慣れない四角い絆創膏が貼られていて
左腕には、2箇所の傷が・・・

『連絡帳を持ってきて見せて!』

これは、お友達と何かもめたに違いないと思ったのでまずは連絡帳の
担任からのメモを見る。
でもそれは、『○○○くんの事を噛んでしまいました。お電話して
頂けますか?』との担任によるメモ。
これって明らかに、家宛のメモじゃないです。噛んだお子さんの親御
さんに宛てたメモですよね?

なので、当然その親御さんは昨日の事を知る術もなく家に電話を
かけることもなく。。。
でも電話かけてきてくれたからって、その時の状況を私達が見ていた
訳ではないから、解決にはならないんです。
謝られたって、それは誠意は感じますが。。。

そうじゃないと思う。
今度、どうして行けばいいのか?

噛んでしまうお子さん、噛まれたうちの息子。
二人の間に、いったい何があってそこに大人は関与していないのか?
事前に二人の行動をある程度予測出来るのなら、そういった事態にまで
発展しなくても良い方法を考えていかないと、今度大変な事になるのでは?
と考えてしまいます。

何よりも、学校が好き!熱があっても、僕は大丈夫、行く。と言っていた我が子が・・・・
さすがに昨日の夜の、私の誘導尋問の時には大粒の涙を流しながら

「もう学校行きたくない」
ってそんな事を言うんですもの。。。
これは絶対にあってはならない事なので、このままでは済まされない。

高機能自閉症の子どもを軽んじてもらっては困る。
対応の難しさは、分かるけど、逃げ腰では彼らには太刀打ちできない
から、一緒になってがんばろうよ。
先生!先生の事を攻めるつもりは私には更々ありません。
だって、子ども達の事を可愛がってくれてるし。
だけど、報告ばかりでは今度前に進んでいかないと。

あの、息子の表情が何とも悲しかったです。

ワンクリックずつお願いします

ブログランキングブログランキング
人気blogランキングへ
ワンクリックずつお願い致します。

スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://utopiaworld.blog71.fc2.com/tb.php/22-20253416
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。